響きの杜クリニック 西谷院長インタビュー

9月9日 響きの杜クリニック 西谷雅史院長の書籍「血流は“静電気デトックス”でよみがえる」が発売されました。
書籍には、アースをすることで体調が改善された患者さんの症例が紹介されています。
弊社レジナは創業以来、電磁波対策としてアースをすることを推奨してきました。
そこで、西谷先生に医療に対するお考えや、なぜ代替医療として電磁波対策を取り入れてられているのかなど、
お話を伺ってきました。

響きの杜クリニック 院長 西谷雅史 プロフィール

1956年東京生まれ。
北海道大学医学部卒業、医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本東洋医学学会専門医、日本ホリスティック医学協会理事、ひびきの杜ネットワーク主宰、西野流呼吸法札幌同好会主宰、玄心流日本拳法師範。
自ら気功など様々な代替療法を実践した結果、「心とからだ、心と心、人と環境、すべてが響き合ったときに人は初めて健康に生きることができる」を理念とした響きの杜クリニックを2006年に開院して統合医療を行っている。
病気を意識の成長のための気づきと捉え、人間に本来備わっている自然治癒力を発揮できる医療と衣食住環境のネットワークづくりに力を入れている。

インタビューはこちらからご覧いただけます。

降順

1-12 中 18

ページ:
  1. 1
  2. 2

降順

1-12 中 18

ページ:
  1. 1
  2. 2