蔵の雫(大)900ml

世界で唯一、自然栽培と天然菌の醤油

蔵の雫は、肥料も農薬も使用していない
自然栽培原料と
天然菌だけで仕込んでいます。

創業は江戸自体完成七年
7代に渡る醤油の蔵元
静岡県掛川市の
栄醤油醸造でつくられています。

「すべては醤油が語る」と、
寡黙ながらに真摯に醤油作りに向き合う蔵元です。

 

毎日使う調味料こそこだわりたい!!

蔵の雫はここが違う。

1.自然栽培の原料

蔵の雫は、肥料も農薬も使わない自然栽培大豆と小麦だけを使用しています。

醤油の原料は、大豆、小麦、塩、水、そして麹菌です。
大豆の国内自給率は5%、小麦は14%です。
このように、醤油の主な原料は、海外に頼っているのが現状です。
国産のものでも、農薬と肥料が使われた大豆や小麦などを使っているのがほとんどです。

また、現在の日本では、遺伝仕組み前の大豆の輸入も認められており、
JAS(日本農業企画)では、醤油の原料にそれらが使われても
表示する義務がありません。

2.大豆は丸大豆

醤油はもともと大豆をまるごと蒸した物を原料にしていましたが、
現在では、脱脂大豆といって
大豆に含まれる油を予め取り除いた大豆かスを使って
醸造するのが一般的になっています。

脱脂大豆を使うと
製造期間を短縮できたり
原料コストを削減できたりするメリットがあります。

丸大豆とは、脱脂加工されていない
そのままの状態の大豆。

蔵の雫では、
自然栽培大豆そのままの丸大豆を使用しています。

3.化学物質汚染が極めて少ない湖塩

化学物質汚染の極めて少ない湖からしをを天日で乾燥させた
湖塩を使っています。

4.醸造に関わる菌は天然菌

発酵を大きく左右する菌。

発酵のスターターといわれる麹、
場を整える乳酸菌
そして風味塾生を促す酵母菌。

発酵の全工程において、マルカワみそで採種した天然の麹菌を使用。
その他発酵にかかわる菌もすべて蔵に住みつく自然菌の働きを利用しています。

5.熟成時間が違う

醤油の質はモロミの発酵と熟成時間によって決まります。

一般的な醤油は、早く発酵が進む純粋培養菌を使って仕込まれ、
早いもので3ヶ月から半年で出来上がってしまいます。

蔵の雫は、自然に寄り添い、蔵に棲みつく麹菌や乳酸菌、酵母の力をかりて、
約1年半の期間じっくり熟成させて造ります。

熟成期間が長いと、菌の働きにより旨味成分と香りが増します。
さらにカドも取れ、味わいのよい仕上がりになります。

6.地下水を使用

同じ発酵食品である日本酒と同じように、醤油作りでも水は重要な働きをします。

一般的な醤油作りは、塩素消毒されている水道水が使われている場合もあります。

蔵の雫は、栄醤油醸造の敷地内にある井戸水をそのまま使用しています。

 

【商品詳細】

商品名

蔵の雫

容量

900ml

素材

自然栽培小麦、自然栽培大豆、天然湖塩

価格 2,286円(税別)
製造 栄醤油醸造 静岡県掛川市

賞味期限:18/10/12

商品詳細
蔵の雫(大)900ml

在庫状況: 在庫あり

税別: ¥2,286 税込: ¥2,469
肥料も農薬も使用していない
自然栽培原料と
天然菌だけで仕込んだ醤油です。
税別: ¥2,286 税込: ¥2,469

お客さまの声 1 件

とても美味しいお醤油
お醤油本来の味が感じられる貴重なお醤油だと思います。
こんな美味しいお醤油に出会えて本当にうれしいです。
評価
Review by みみ / (投稿日時: 2016/01/22)